onetapbuy

ワンタップバイが株の初心者にオススメの5つの理由

投稿日:2017年4月13日 更新日:

スポンサーリンク

私がワンタップバイを始めようと思った理由とほぼほぼ一緒なのですが、今回は「ワンタップバイをオススメする理由」を書きますね。

たった1000円から始められる

まず、これが一番の理由ですが、ワンタップバイは、1000円から株式投資が可能です。

通常の株式投資の場合、単元株というものがあり、100株単位や1000株単位での取引しかできません。
これは、証券会社ではなく、株を配布している企業がきめるのですが、例えば、株価が100円で、1単元が100株の場合は、単純に一万円からしか投資ができません。

※単元未満株というサービスもありますが、全ての銘柄に対応しているわけではないようです。

その点、ワンタップバイは、単元株の制度がありません。
それ以上に驚きなのは、1株以下でも買えちゃうんです(笑)
ワンタップバイでは、自社で買い付けした株を、小分けにして販売しているからそのような事ができるみたいです。

日本の大企業の株に投資したい場合は、10万円以上の資金が必要になります。
先ほどトヨタの株価を見てみたところ、5800円くらいで、単元株数は100株でした。
投資するには、58万円が必要ということですね。。。
株の初心者がそんな高額の取引するでしょうか?

2017/8/21追記
なんとワンタップバイが日本株の取り扱いも開始いたしました。
トヨタの株が1,000円~購入可能です。
詳しくはコチラ↓


中には、株価が格安で単元株数も低く、数千円から投資可能な銘柄もありますが、ほとんど聞いたことのないような会社だと思います.
(失礼なこと言ってますね、スミマセン。でも事実ですので。)

そんな知らない会社に投資したいと思いますか?
ってことで二つ目の理由です。

誰もが知る有名企業に投資できる


ワンタップバイの取り扱い銘柄を見てみると、アップルやグーグル(アルファベット)、ディズニーにコカ・コーラなど、日本でもかなり有名な企業ばかりです。

聞いたことのない会社もあるかもしれませんが、その会社の事業の内容を見てみると大体「あ、この会社なのか」ってなります。

そういう大企業が30社。

そしてその大企業に1000円から投資ができるなんて!!!

株を長くやられてる方からは、この30社という数に「少なすぎる」という声もあったようですが、本日2017年4月12日付の、上場している企業の数は
3651社!!!
その中から、銘柄を選んで投資をするのは初心者にはかなりのハードルです。

「好きな企業で良い」なんて言いますが、好きな企業がトヨタだったら58万円必要www

しかも、どういう企業なのかが分かる”仕組み”もあります。
ってことで続いては、、、

漫画で楽しんで銘柄選び


ワンタップバイのアプリでは、取り扱っている30社の「創業から現在までの軌跡」を要約した漫画が読めるようになっています。

その企業がどういう企業なのか?
創設者は誰なのか?
サービスが生まれるまでにどういったドラマがあったのか。

例えば、かの有名なアップルの創設者であるスティーブジョブズですが、一度アップルをクビになってるって知ってましたか?
スティーブジョブズが好きな方ならもちろんご存知だと思いますが、アップル製品が好きってだけの方は知らない方もいらっしゃるのでは?

他にも、モンデリーズは日本でもかなり有名なナビスコやオレオといった商品を販売してたり(知らなかったw)。

そういった内容で、その企業の歴史や事業内容が勉強できるんですね。
これは面白い仕組みです。

これから投資する企業が、どのような会社なのかが分かるので、知っている会社だとしても読んでみるとますます好きになるかもしれません。

あと、企業の漫画だけじゃなく、株式投資初心者へ向けた漫画もあります。

その中には、前回の記事で紹介した、ドルコスト平均法の説明だったり、銀行に預けるよりも株式投資をした方が良い理由なども分かりやすく漫画で描かれています。

ドルコスト平均法についてはコチラ>

取引が簡単

ワンタップバイでの株の売買はとっても簡単です。
買いたい銘柄が決まったら、その銘柄をタップして、買いたい金額を決めて、「買う」ボタンをタップしてパスコードを入力するだけ!
ワンタップ。。。ではないですが、とても簡単です。

売りたいときも、売りたい金額を決めて「売る」ボタンをタップしてパスコードを入力するだけ。
そして利益が出ているときは、その利益分だけを売却することが可能です。

インターフェイス(アプリの画面です)も分かりやすく、現在の利益、損益がパッと見て分かるようになっています。
ホントに初心者のための、初心者視点の証券会社ですね(#^^#)
ありがとうございます。

でも、たまにプッシュ通知が遅れてきたりすることもありますねwww
その辺はきっと直ぐに改善されると思いますがwワンタプさんヨロシクです!

24時間いつでも取引ができる

これも初心者にはありがたいです。
これは米国株に限るのですが、24時間、証券取引所が開いていない時間でも売買が可能です。

米国の証券取引所が閉まっている時間帯に売買すると、スプレッドが少し高くなってしまうのですが、小額の取引だとそんなに気になる額ではないですね。
私たち株投資初心者は、デイトレーダーのように、ずっと株価を追っているわけにはいきません。
仕事もありますし、証券取引所が閉まってしまうと、翌日の注文になってしまいます。

ワンタップバイの米国株は、24時間いつでも売買が可能。
しかも、米国市場が開いている時間はスプレッドも少しだけ安くなるので、昼間にお仕事をされている方におススメです。

スプレッドに関してはコチラ↓

ワンタップバイでの米国株取引で少しでも損しない為に

ということで、これが私の「株式投資初心者にワンタップバイをおススメする5つの理由」です。
まぁ、一番の理由はホントに小額からでも始められるってところですが。
積み立てするつもりで毎月投資していきまっす!

まだアプリをインストールしてない方は公式サイトからも口座開設が出来るので是非チェックしてみてください。


まだまだ始めたばかりなので、もしかするとデメリットや、もっとおススメできる理由が出てくるかもしれませんが、その時はまたご紹介したいと思います。

2017/4/20追記
私が感じるデメリットに関しても書きました。

>OneTapBUYのデメリット


米国株に興味がある方は、こちらで沢山勉強できます。(外部リンクが開きます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入ってもらえたら、シェアしてくれると嬉しいです。
特にはてブ!はめっちゃ喜びます(#^^#)

-onetapbuy
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ワンタップバイが遂にETFの取り扱いをスタート!銘柄はSPY、SPXL、SPXSの3つ

遂にワンタップバイでも米国ETFの取り扱いを開始 つい最近テスラの取り扱いを開始したばかりのワンタップバイですが、2017年12月6日付けで米国株ETFの取り扱いをスタートしました。 取扱銘柄は3つ。 …


【追記アリ】「毎月配当が欲しい」ワンタップバイ取扱米国株の決算期をまとめてみました。

2017年6月7日追記 ウォルトディズニーは四半期配当ではなく、二期配当でした。 また、配当金が入る期日につきまして、こちらの記事を書きましたので、お詫びして、訂正させていただきます。ワンタップバイの …


ワンタップバイが日本個別株の取り扱いを始めたので早速、10年積立シミュレーションランキング

こんにちは、小額投資家のTsukasaです。 昨日の記事でもご紹介しましたが、ワンタップバイが遂に個別日本株の取り扱いを開始しました。 そして、日本個別株の方も取り扱い30銘柄の10年積み立てシミュレ …


なぜOneTapBUYのアプリには株価チャートがないのか?

株式投資を行う際に重要な指標の一つである株価チャートが、OneTapBUYアプリでは銘柄詳細画面にありません。 yahooファイナンスや、他の証券会社のアプリなどでは、すぐ確認することができるのに、な …


OneTapBUY一周年記念キャンペーンに応募してみました

こんにちは、ワンタップバインベスターのTsukasaです。 OneTapBUYが6月1日で、アプリの正式リリースからちょうど1年を迎えたようです。 おめでとう、OTB!!! ってことで、 5月が終わり …


スポンサーリンク

米国株ランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

Tsukasa

31歳。既婚、2児の父。
資産運用をするべく、株式投資の世界へと足を踏み入れました。
他にも、ビットコインや国債とかも興味あるのですが、OneTapBUYで資産を増やしてから考えます!

 

最近読んだ本