OneTapBUYがPayPay証券へ名称を変更しました

1000円からスマホでかんたん投資、大企業の株主になれるPayPay証券とは?

このブログは、スマホ一台で株式投資が可能なPayPay証券というサービスで資産運用を目的としています。

ここでは、PayPay証券がどういうサービスなのかをご紹介いたします。

この記事を読んで欲しい方
・これから株式投資を始めようと考えている方
・投資を始めたいが、パソコンを持っていないという方
・米国株を手軽に購入したいという方

PayPay証券とは

PayPay証券は、ソフトバンク・みずほ証券・Z HOLDINGSが出資してできた、スマホ証券の先駆けサービスです。
(2021/2/1にOneTapBUYからPayPay証券へ名称が変わりました)

スマホだけで取引可能


PayPay証券は、スマートフォンだけで株式投資を可能にした先駆け的証券会社で、口座申し込みから売買取引まで、全てのサービスがスマホアプリでの操作をメインとしたサービスです。

千円から投資できる

PayPay証券の最大の特徴は、「1,000円から株式投資が可能」ということ。

これなら少額投資が可能なので、投資初心者にも始めやすく、すでに口座開設数は14万を超えています。

通常、日本の株式市場では単元株といって、ほとんどの銘柄が100株単位でしか購入できません。
そのため、まとまった資金が必要になります。

例えば、現在のトヨタ株の株価は7000円を超えています。
100株購入する場合、700万円の資金が必要ということになります。

しかし、PayPay証券では、そんなトヨタ株も1000円から投資が可能です。

なぜ1000円で投資できるの?
PayPay証券が保有している株を小分けにすることで、1株未満でも購入ができるようにしています。
そのため、1000円からでも購入することが可能になりました。

PayPay証券の取扱銘柄

PayPay証券は、米国株30銘柄の取り扱いからスタートしましたが、現在は日本の銘柄も取り扱いしています。

日本株

PayPay証券では、現在130の日本銘柄を取り扱っています。

日本の証券市場では、4000以上の上場企業がありますが、PayPay証券ではその中の130しか取り扱ってないということです。

取り扱っている銘柄はPayPay証券が厳選した、主に大企業や業績が堅調な優良企業を選定しているため、投資初心者でも聞いたことがある会社がほとんどだと思います。

主な取り扱い銘柄は、
トヨタや日産、花王、任天堂といった大企業からメルカリ、ワークマンといった業績を伸ばしている新興企業などがあります。

日本株取り扱い銘柄はこちら

PayPay証券では、このような大企業に1000円から投資することが可能です。

米国株

PayPay証券では、Googleやフェイスブックなどの米国企業に1000円から投資することができます。

現在、115もの銘柄を取り扱っています。

主な取り扱い銘柄は
Google、フェイスブック、アップルやナイキ、コカコーラなどの一流企業ばかりです。

圧倒的に分かりやすい取引画面

PayPay証券の取引画面インターフェイスは、他の証券会社と比較すると、圧倒的にわかり易いつくりになっています。

通常のネット証券会社の場合、パソコンでの操作が前提です。
そのうえ、操作方法も難解なところも存在します。

PayPay証券の取引画面は、余計な情報は一切省き、購入したい分の金額を入力して購入パスコード(4桁)を入力するだけという非常にシンプルなものです。

初心者でも、簡単に株を購入することが可能です。

もちろん、売却も同じような取引画面ですので、売りたい金額とパスコードだけ入力で売却可能です。

何度も言いますが、金額も1000円単位なので少額から始めたいという方にもおすすめの証券会社です。