テーマ変更にともない、サイドバーの人気記事がリセットされています。3/23からの集計です。

【銘柄紹介】タイムワーナー(TimeWarner)

【銘柄紹介】タイムワーナー(TimeWarner)

今回のワンタップバイ取扱いの銘柄紹介ですが、恥ずかしながら知らなかったです。。。

ですが、知ってました。
どういうことかというと、サービスの事は知っていたということです。

ってことで、今回はタイムワーナーです。

もちろん、知っていたサービスは、映画好きな方ならもちろんご存知の「ワーナーブラザーズ」と、アメリカのニュース番組「CNN」です。
タイムワーナーを知らなかった私ですが、この名前はもちろん知ってました。

タイムワーナーは、1990年にワーナー・コミュニケーションズとタイム社の合併で設立されました。

タイムワーナーの概要

会社名 Time Warner Inc.
創設者 【タイム社】ヘンリー・ルース
【ワーナーブラザーズ】ハリー、アルバート、サム、ジャックのワーナー4兄弟
代表 ジェフリー・ビュークス
設立時期 1990年
本社所在地 ニューヨーク市
従業員数 34,000人(2013年12月時点)

タイムワーナーの事業内容

映画会社「ワーナー・ブラザース」、ニュース専門チャンネル「CNN」などを擁する複合企業体(メディア・コングロマリット)。

2016年10月に、アメリカ最大手の電話会社である、AT&Tがタイムワーナーを買収すると発表されました。
タイムワーナーの株を購入しようとお考えの方は、AT&Tの今後の動きにも注目した方が良いかもしれませんね。

タイムワーナーの株価推移

タイムワーナーは、1999年の年末には270ドルを超える株価まで上昇していますが、翌々年にはがくんと下がって100ドル前後、2002年には一時期32ドルほどまで下げています。
AOLとの合併が失敗だったようです。。。

それからは、100ドルを超える株価には達していませんが、2013年頃から徐々に株価を上げ、つい最近の2017年4月21日には、99.84ドルと、遂に100ドルへ手が届くところまで来ています。

AT&Tのタイムワーナー買収が進めば、まだまだ上がるかもしれません。

期待を込めて私も買いたいなー、なんて思ってます。

ちなみにですが、トランプ大統領はこの買収に懸念を抱いているそうです。
理由は、メディア業界に権力が集中しすぎるとのこと。

それくらい大規模な買収問題なんですね。

タイムワーナーと、AT&T,今後も目が離せません。

参考サイト
トランプ氏、AT&Tのタイム・ワーナー買収になお反対-関係者

ってことで、タイムワーナーの銘柄紹介でした。

次回はIBMです。

今日は下の子が発熱の為、自宅にて仕事。
主婦って大変だなーと、改めて痛感しました。

それでは。