テーマ変更にともない、サイドバーの人気記事がリセットされています。3/23からの集計です。

長期運用で損しない取引!ドルコスト平均法とは?

長期運用で損しない取引!ドルコスト平均法とは?

こんにちは。

今日は前場(午前の取引)で、日経レバETFが少し(ホントに少し、13円くらいw)利益が出てたので、売却してみました。

そして、225投信と日経インバETFを1000円ずつ購入。
上がっても下がっても、損しないようにという目論見ですが、これでは利益が出ませんねwww

とりあえず、今のところ、軍資金が全然少ないので、様子を見ながら、売り買いして遊んでみようと思います!

こうやって手軽に売買が出来るのはワンタップバイならではですよね!

さて、タイトルの件ですが、既にワンタップバイの分かりやすい漫画を読んだ方ならご存知かもしれませんが、まだ読んでない方のために、簡単にご紹介しますね。

ドルコスト平均法とは?

ざっくりと説明します。
一定の期間ごとに、一定の金額で、同じ銘柄の株を買い続けることです。
一定の期間とは、例えば、1ヶ月毎、つまり毎月同じ金額の分だけ、同じ株を買い続ける投資手法です。

そうすることで、万が一株価が下がっても、最初に購入した金額まで戻れば、利益を出すことが出来ます。

仕組みは、いたって簡単です。
毎月同じ金額分の株を購入するのですが、株価は常に変わります。つまり、同じ金額でも、購入する金額が変わるということです。

例えば、
200円の株を1000円分購入すると、手元の株は5株です。

なんと翌月に、その株が100円まで下がってしまいました。
でも、焦らずに1000円分購入します。
もちろん購入出来るのは10株です。

そしてその翌月は、なんとか約140円まで株価が戻りました。
1000円分購入すると、約7株でした。

まとめてみましょう。

最初の200円の時に3000円分を購入していると、3か月後に手元にある株は15株ですね。
もちろん、資産は3000円ということになります。

では、ドルコスト平均法で毎月同じ金額で購入した方はというと、
5株+10株+7株=22株

なんと、投資する時期をずらしていくだけで1400円の利益が出ています。

もちろんお気づきかと思いますが、株価が下がれば、下がった分、購入する株数が増えるということですね!

この仕組みに関しては、↓こちらのブログで丁寧に解説されていますので、是非ご覧ください。

知っていますか? 値下がりに強い投資方法

なんとワンタップバイの社長取締役の方が書いているブログのようですw
※2017/4/17訂正しました。

他にも、株の初心者へ向けた記事がありますので、要ブックマークですね。。。(ワンタップバイの回し者ではありませんwww)

私もこの手法で、資産を増やしていこうと目論んでおりますが、やっぱり人間の心理ですよね。。。
上がると更に買いたくなって、下がると売ってしまいたくなるwww

とりあえず、頑張って実践してみようと思いますので、私が利益を出すことが出来るのかどうか、暖かく見守ってくださいまし!

それでは!